サイエンステクノロジーの結晶…太陽光発電!

太陽光発電で作り出す電気!

長年に渡る資源開発の結果、世界の至る場所で資源不足の問題が深刻化しています。このような環境問題は、豊かな社会の陰にあってなかなか解決するに難しい問題であるとも言えるでしょう。今、現代科学の力によって、未来の新しい資源として太陽の光を利用しようとする研究が進んでいます。その第一歩として、太陽光発電の普及は始まったばかりです。実際に街を歩いてみると、エコ住宅と称した太陽光パネルが屋根に設置されている一戸建てなども多く見かけることができます。

将来的にはリーズナブルな価格に?

太陽光発電の弱点は天候に左右されてしまうところです。こんなにも便利になった現代社会でも、天候には従うしかないのです。落雷すれば停電しますし、台風が来れば電車も止まってしまいます。太陽光発電は、太陽が隠れてしまうような厚い雲によって光がさえぎられてしまえば、成す術がありません。太陽光発電を普及させるためには、家庭用電池の研究も進めなければならないでしょう。太陽光発電や専用蓄電池がもっとリーズナブルな価格になれば、さらに普及していくと考えられます。

太陽光発電は元がとれる?

太陽光発電を設置した場合、費用もばかにならないくらいかかりますので、元が取れないのなら設置する意味はないと考えがちです。一般家庭における電気使用量から平均値を割り出し、それと設置する地域の平均日照量を合わせて計算した場合、ごく普通の一般住宅であれば多少上乗せで元が取れるでしょう。さらに緊急トラブルが発生して、電力会社からの電力供給が出来なくなった場合、自家発電で電気を賄えるというところが魅力です。このように太陽光発電は、サイエンステクノロジーの結晶として、大きなメリットを持っていると言えます。

太陽光発電の価格に関しては、まだまだ高いのが現状です。いくら場所を選ばずどこにでも作れるといっても、簡単に多くは普及できない理由はここにあります。