電気製品を自作する際に取っておくと便利な資格3選

テレビ関係ならテレビ修理技術者

テレビ修理技術者は、「カラーテレビジョン受信機修理技術者試験」という試験に合格すると得られる資格で、昭和40年代に創設されました。テレビやビデオデッキ、DVDプレーヤーなどの映像関係の機械の自作・修理に欠かせない知識が必要な資格なので、この資格を取るとテレビやビデオデッキなどの内部構造の仕組みを把握することができるようになり、自作をする人にもピッタリの資格となっています。また、壊れてしまったテレビの修理にも欠かせない資格なので、テレビを修理したい人にもお勧めの資格です。

家電全般を自作したいなら家電製品修理技術者の資格を

家電製品修理技術者は、テレビだけではなく、冷蔵庫や洗濯機、無線機など、あらゆるジャンルの電化製品を自作・修理したいという人にピッタリの資格です。電化製品の修理の知識だけではなく、電化製品の内部構造や部品、配線などの知識も得ることができるので、この資格を取るために勉強しているうちに、電化製品に対する知識が増え、電気製品の自作ができるようになります。家電製品修理技術者を目指している人だけではなく、電気製品の自作・修理を考えている人にもお勧めです。

大型電気製品を扱いたいなら電機工事士

テレビや冷蔵庫、洗濯機よりもさらい大型の電気製品を自作したいという人には電気工事士の資格がお勧めです。この資格は、テレビや冷蔵庫を実際に動かすための電気供給機器、コンセントを自分で増設することができるようになる資格です。電気工事士には第一種と第二種という区分があり、コンセントの増設や減らすには第二種の資格があれば可能です。大型の電気製品の中には普通のコンセントで使われている100Vで動かせないものもあり、200Vのコンセントを新たに増設しなければならない場合があります。その時に便利なのが、電気工事士の資格なのです。

プリント基板設計のプリント基板とは、ほぼすべての電子機器に欠かすことのできないパーツの一つです。このプリント基板を作成するには高度な技術が必要となります。