フランチャイズの活用!契約と行動について

契約内容は様々になっています

フランチャイズで起業をすることは基本的にはお勧め出来ます。まず、マニュアルがしっかりとしていますから、はっきりいって誰でもできるようになっています。つまりは、起業をする方法としてはかなり楽なわけです。ノウハウも不要になります。ノウハウは貰うことができるからです。しかし、その契約の内容は個々人によって違います。土地などがある、と言う人にはかなり優遇してくれることもありますが、何もない人はロイヤリティが高いこともあります。

重要な契約内容の一つとして

コンビニなどでフランチャイズをしようとしているのであれば、いくつか重要な契約があります。その一つが更新料であり、もう一つが近くに直営店を作らない契約です。前者は規定されていることが多いですが、後者は特約としてつけるべきです。そうしないと儲けが確実である、需要があると本部が判断した場合、即座に直営店が作られます。そうした事例がいくつか報告されていますから、これは確実に気をつけるべき契約の一つになっています。

デメリットも多いがメリットもある

本部との交渉、軋轢などもよくありますが、基本的には良い起業の仕方であるのは間違いないです。何しろ、ノウハウがなくても起業ができるわけですから、伝手がない人には有難いです。サービス業、小売業であることが殆どですが、それでもとにかく一国一城の主になった、ということには違いないです。また、別に本部が守ってくれるわけではなく、あくまで契約で独立した経営をすることになりますから、自覚と覚悟、そして、作業はマニュアル化されているといっても才覚は必要です。

代理店とは、メーカーや仕入れ先と契約をして代わりにそのメーカーや仕入れ先の商品やあるいはサービスを販売するのです。