こんなに安くできちゃうの!?合同会社で今すぐ起業

とにかく安い!合同会社の起業にかかるお金

いざ起業しようと思っても、いくらかかるのかわからない…それで起業を断念してしまう人も多いと思います。しかし待ってください。合同会社という形態なら、皆さんが思っているよりよっぽど安い金額で起業できてしまうんです!具体的にいうと、総額で10万円を見ておけばまず起業することができます。一昔前なら、例えば株式会社を設立するには1000万円以上かかったんです。それを考えたら破格といってもいいほど安いですよね。

どうしてそんなに安く起業できるの?

実は2006年に施行された会社法という法律によって、日本で起業するのはかなり楽になったんです。それまでは有限会社(これが今では合同会社に取って代わりました)を設立するのにも資本金の300万円がかかったんですが、今では株式会社も合同会社も資本金は1円からでいいんです。しかも合同会社は株式会社に比べて、登録にかかるお金が少ないんです。その額は実に半額以下なんですよ。これらは日本でもっと手軽に起業してほしいという国の意向によるものなんです。

手続きも簡単、合同会社の立ち上げ方

合同会社は株式会社にくらべて、取らなければいけない手続きも簡単です。定款(会社の法律)を決めて、司法書士にそれをパソコンで代行して作ってもらい法務局に提出(自分でやるより司法書士に代行してもらったほうが実は安上がりなんです)。それから税務署にいくつかの届け出を出せばいいだけです。事務所を構えるお金がない?大丈夫です。実際の事務所を借りなくても、バーチャルオフィスなら好きな住所だけ借りることができるんです!しかも月に数千円払えばいいだけですから、圧倒的にお金がかかりません。このようにお金のかからない方法を選べば、これだけ安く合同会社を設立することができるんですね。みなさんもこういった方法で、安上がりに起業してみませんか?

フランチャイズとは、本部に対して売上の一部をロイヤリティーとして支払うことで、人材やノウハウの支援を受けられるシステムです。