全部で3種類!社員研修ごとの特徴を知ろう

階層別に行われる社員研修って?

新入社員向けの研修は、テレビ番組などでも度々取り上げられることから誰もが知っていることかと思いますが、このような研修は階層別研修に属します。階層別の社員研修は、新入社員向けの研修に始まり、係長級や課長級研修、役員向け研修などの役職毎に分けられていることが特徴です。基本的に新入社員が入って来る時期や、昇進が決まる時期などの節目に開催されることがほとんどです。階層別研修は、その役職に求められる基本的な心構えや知識などを学ぶ他、お互いが顔を合わせて刺激し合う場としても活用されているんですよ。

部門毎に行われる社員研修

課長や係長などの役職を問わず、営業や総務や人事などの部門毎に行われる研修のことを、職種別研修と呼びます。それぞれの部門に特化した知識やスキルを習得することにより、業績向上を図ることが目的です。たとえば営業部門の研修においては優秀なベテラン営業マンが講師になり、営業ノウハウの共有などが実施されるんですよ。部門毎の研修を通じて、社員達は目的がはっきりと定まり成長へのモチベーションを獲得出来ます。ただし、内容が似通ったものになる傾向があるため、主催者側には常に新鮮な内容にする努力が求められるでしょう。

テーマ別の社員研修について

たとえば英語力の獲得や、プレゼン方法の基礎習得などのテーマごとに行われる社員研修のことを、テーマ別研修と呼びます。ほぼ強制的な参加を余儀なくされる他の研修とは異なり、社員が自ら望んだ上で実施されることが特徴です。役職を持っていないヒラ社員から、管理職級までそれぞれの立場に合わせた多くの研修が用意されているんですよ。意欲的な社員にとってはまたとない成長の機会となります。このような理由から、参加者達のモチベーションは非常に高く、お互いが良い意味で刺激しあえます。費用対効果も高いことから、近年は多くの会社がテーマ別研修を取り入れています。

社員研修の導入事例を調べることで、各業界のスタッフの教育方法やモチベーションの高め方をすぐに理解できます。